ブランドに対する考え方

目に見えない「本質的な価値」の
「可視化・言語化」

ヨロコビtoは企業・サービス・技術・情報など、
目に見えない、カタチがないものをブランド化(可視化・言語化)することで、
それぞれの持つ本質的な価値が、
誰にとってもわかりやすく届き、伝わる状態を目指します。
ブランドの本質が、広く社会に伝わることを目指して
ブランディング活動を行います。

ブランドコンサルの特徴

リクルートで培った「情報サービス」のブランド化ノウハウとスキルをベースに、それぞれの持つ「本質的な価値」をブランド化し、社会に伝えやすい状態を目指していきます。特に「大学が発明した技術」のブランドづくり、「メーカーが発明した技術」のブランドづくりを応援していきたいと考えています。ほかに、企業ブランドづくり、商品ブランドづくり、採用ブランドづくりなど、ブランドコミュニケーション全般にかかわる応援とコンサルティングを行います。

情報サービスのブランド化におけるノウハウ・スキル→ヨロコビto→当事者視点および課題整理からアウトプットまでの一気通貫

私たちのブランド応援の特徴は、企業側の立場にいたことで培われた「当事者視点」。そして、「課題整理からアウトプットまでの一気通貫」です。「課題の洗い出し」→「目指す世界・役割の言語化」→「ネーミング・デザインシンボル開発」→「ステークホルダー(カスタマー・クライアント・インナー)へのブランド浸透策の企画」→「ブランド浸透コミュニケーションの実施」までを、企業当事者の視点を持つパートナーとして、プロジェクトに深く入り込み、関係者と協働しながら一貫して実行できることが大きな特徴です。

ブランド開発手順

プラットホーム・ネーミング開発

まずはブランドプラットホームづくりのための言語化準備作業からスタートします。「そのブランドはどんな世界を実現するために、何をカスタマーに約束するのか」「実行のために、何を価値の源泉とし、どのようにその価値を提供するのか」。ブランドの「ビジョン・ミッション・バリュー」を言語化し、関係者が広がり・変化しても変わらないブランドプラットホームを作成します。

言語化されたブランドプラットホームを受け、「ネーミングの重視ポイント」を確定し、「ネーミング制作作業」に入ります。商標として、どこまでサービス範囲を持つのか、日本国内だけのサービスなのか、最初からグローバルを意識した開発を行うのかといった要件により、難易度・開発の数も大きく変化します。またブランドの浸透スピードとブレをなくすために、必要に応じてネーミングを補強する「ビジョンショルダーorミッションショルダー」を開発します。

ロゴデザイン・デザインシステム開発

ネーミングの確定後、デザインの方向性を議論し、シンボル作成の方針を決定します。シンボルはロゴデザインのみにストックするのか、マークも併用して使用するのか、さらにコミュニケーションスピードをあげるためにキャラクターの開発を行うのか等々、幅広い選択肢があります。マークorキャラクターがあれば、複合ブランドとの世界観や関係性のコントロールはしやすくなります。

『メディア』『場』のようなブランドの場合は、シンボルのデザイン性はもちろん、場そのものの世界観を含めた見え方が重要になるため、場のデザイン開発も同時に進行します。STEP5のベーシックデザインが確定後、カスタマー・インナーへの浸透コミュニケーションプロセスプラン作りを行います。

ブランド開発実績

ブランドの立ち上げ(言語化・商品ロゴ・商品デザイン)

  • ■企業ブランド(RGF、ユメックス、ニジボックス、ライツ)
  • ■HR領域商品(リクナビ、リクナビNEXT、BIZ-IQ、タウンワーク、はたらいく)
  • ■販促領域商品(SUUMO、ホットペッパー、ISIZE、ポンパレ、サロンボード、サロンボード)

ブランドリニューアル

  • ■企業ブランド(リクルート、リクルートエージェント、リクルートスタッフィング)
  • ■HR領域商品(就職ジャーナル、ビーイング、とらばーゆ、ガテン、フロムエー)
  • ■販促領域商品(SUUMO、ホットペッパー、ISIZE、ポンパレ、カーセンサー、ゼクシィ、進学リクルートブック)
  • ■スポーツチーム(ホンダFC、シーガルズ)

株式会社 ヨロコビto
東京都杉並区西荻北2丁目26-7 杉本西荻ビル3F(Google map)
Tel.03-6913-5711 Fax.03-6913-5717
e-mail info@yorocobito.co.jp